諒設計アーキテクトラーニングの口コミ評判を徹底調査

諒設計アーキテクトラーニングの口コミ評判を徹底調査

今好きな時間に自宅で効率的に実用資格を学べると評判の諒設計アーキテクトラーニングの資格講座の口コミを徹底調査!話題の資格講座の効率的なカリキュラムと受講体験者の生の声がわかります!

MENU

奥深いワインの世界!「ワインコンシェルジュW資格講座」でワインの造詣を深めよう!

ワイン通になって食生活を豊かにしよう!

奥深いワインの世界!「ワインコンシェルジュW資格講座」でワインの造詣を深めよう!ワインといえば日本でもすっかり市民権を獲得した飲み物になりました。国税庁によると2015年の時点で日本のワインの消費量は約37万337kLにものぼっています。

実に7年連続で消費量が増加していて、かつ4年連続で過去最高を記録します。

一人あたりの年間ワイン消費量は約3Lとなっています。この統計をみるとワインが現在非常に人気になっていることが分かります。

ワインの歴史は非常に深く、愛用されている国も数知れません。また生産国もたくさんあります。日本でもワインを作っていますが、ヨーロッパ、北米、南米などまさにワインは世界で産出されています。

そんな大人気のワインですが、味わい方は奥深いです。ワインは単に食事を流し込むためのものではありません。味わい深く、原料となるぶどうの種類によっても顔色を変えます

ワインの造詣を深めるなら、一層社交的な場で話が盛り上がりますし、自分自身の食生活も豊かにできます。さらにワインに携わる仕事をしているなら、そのスキルやノウハウを向上させることもできます。

ワイン通になりたいなら、資格講座を受講しよう!

ワインについてもっと学びたいなら、ワイン関連の資格を取るのがオススメです。例えば日本安全食料料理協会主催の「ワインコンシェルジュ」資格や、日本インストラクター協会主催の「ソムリエインストラクター」資格です。

これらの資格はブドウの品種ごとの特徴や世界各国のワイン事情、外食やパーティーなどに使える適切なワインチョイスなどについて知識を一定以上持った人に認定される資格です。

これらの資格を酒類製造や販売業など現在の職業に活かしてもいいですし、ワインにもっと詳しくなる手段として活用しても良いでしょう。

いずれにしてもこれらの資格を取得するためには学習が必要ですが、諒設計アーキテクトラーニングという通信教育スクールでは「ワインコンシェルジュW資格取得講座」という通信講座を提供しているので、それを利用できます。受講料は59,800円(通常講座)、79,800円(スペシャル講座)です。

スペシャル講座は少し高くなりますが、その分卒業課題提出を試験の代わりにできるので確実性が高いです。どちらの資格も最短2カ月から6カ月の早さで取得可能になっています。

時間がないのでなかなか勉強の時間がないという人でも、この通信講座なら一日30分ほど費やせば無理なく学習を進めて資格に到達できるのでおすすめです。


pagetop